11月 24

話題になってる電子BOOK、KINDLE.

WIFIでなく3GのEV-DO通信方式でダウンロード。

アクセスポイントなど関係なしにダウンロードできる。

通信回線使用料はAMAZONが 負担。

消費者より出版や印刷などの業界で話題になってる感じだけど

本のipod,itunesになれるだろうか。

可能性としておもしろい。

詳しくは

WIKI

techcrunch

ITmediaNEWS

タグ:,,

3 Responses to “KINDLE”

  1. kawataka77 Says:

    僕は日本では本や雑誌とか紙の物はデジタル化に向いてないと思うのです。写真も。
    個人的には楽しそうと思うけど。
    iPodのようには絶対に普及しないと思うんだよね。
    やっぱり会社で働いていても重要な文章はプリントアウトするし、雑誌とか最近は読まなくなったけど、ページをすぐに戻れたり、進んだりできるでしょ。その速さには敵わないような気がするのです。あと、友達同士で何人かで見れる。
    その辺にいる普通の女子は1kgくらいあるcancanを平気で持ち歩くし。
    写真も紙状の方が見やすいし、写真集って物もずーっとあるし。

  2. slack77 Says:

    “KINDLE”っね、通信料をamazonが持つのには、驚いたね。
    こんなことして大丈夫なのかと、たしか、簡易的なブラウザもついてるはずだし違う用途で少々楽しめそうな予感。
    んでね、書籍のデジタル化は、海外に居る身からすると、嬉しいんだな、
    データとして持ってると、かさばらないし、ましては日本の本なんて簡単には買えないしな〜

    そういえばgoogle booksすごいことになってるの知ってた?
    例えばmixiで引くと、
    http://books.google.co.jp/books?as_brr=3&q=mixi
    mixi関連の本がでてきて、その本の中身が読めちゃうんだよね、
    ほとんどの本が対応したら、かなりすごいんだけどな。

  3. swooon77 Says:

    >kawataka
    PC経由しなきゃ行けない電子bookとは訳が違うし、写真集の代わりや
    重要な文章の代わりのものじゃないよ。例えばあるキーワード打つだけで
    それに関する各社の新聞の記事一覧がバーっと出てくる。なんて技術もできうるわけだ。
    デジタル化ってそういう事だよ。単に代わりになるって話じゃないよ。ページをめくるって感覚もわかるし大事だけどな。
    印刷や紙代、在庫管理や運搬ど経済効率もすごいよな。
    しかしアマゾンの売りでの一つ、商品に対するユーザーのカスタマーレビューでKINDELEの評価が低いのが笑える
    >slack
    googlebooksにはびっくりした。全ページだもんな。知らなかったよ〜。

Leave a Reply